グレンフィディック12年、常備薬ならぬ常備酒。

グレンフィディック12年と15年

スコッチシングルモルトの基本中の基本、グレンフィディック12年です。
1963年に世界で初めてシングルモルトウイスキーを世に問うたイノベーター。
定番中の定番、改めて味見してみました。

グレンフィディック12年(GLENFIDDICH 12 Years old) 40%

  • 香り…控えめな優等生。べっこう飴がうっすら。蜂蜜、キウイ、オートミールクッキー。
  • 味…甘さ主体だが、行間に苦みあり。アスパラガス、ホワイトペッパー、温泉まんじゅうの皮。
  • 総評…伸びやかで温かい。余韻もそこそこ。スターターにも箸休めにもなる、「邪魔にならない」ウイスキー。

85点

グレンフィディック12年をテイスティング

自宅飲み用シングルモルトとして、700mLボトルお値段2,982円(税抜)で購入。
夫婦や恋人同士で愉しく、気のおけない仲間とやったり取ったり。
そんなふうに普段飲みでスルスルと飲む伴にフィットする、カジュアルシングルモルトの代表です。

鮮魚(刺身)、チーズ、スイーツ、柿ピー、もちろん単品でも。
何にでも合うんですよ。
ブレンデッドならイザというときのジョニ赤やジョニ黒やティーチャーズ。
シングルモルトならグレンフィディック12年、グレンリベット12年というところでしょう。
イザというときのミネラルウォーターのごとく、枕元台所に何本か置いておきたい常備酒です。

グレンフィディック、少し前までエチケットラベルの地色が以前は黒でしたけど、今はオフホワイトに。
マイナーチェンジながらイメージがグッと明るく、今っぽくなるから不思議。
この手のデザインが変わるときは、即ち「味も変わる、しかも悪く」として歓迎されない傾向にありますけどね。
グレンフィディックくらいの王国ですと、誤差の範囲の気がしないでもない。

スペイサイドには、グレンフィディックと双璧をなすスコッチの横綱「ザ・グレンリベット」がいますけど、互いのことをどう思っているのでしょうか。
確固たる市場を築いたメジャーならではの打ち出し方があるはずですが。
蒸溜所の責任者同士で、対談させたら面白いのになぁ。

余談ですが、この12年をグレンフィディック15年ソレラリザーブと飲み比べてみました。
改めて思うに15年、スッキリしすぎ。
どちらが好み? そんなの個人の好みですけどね、あなたの感想も教えてください。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性