トマーティン12年、ベーカリーにいるみたい。

ハイランドモルト、トマーティンの旧ラベル(現行のひとつ前)12年をいただきました。

トマーティン12年 43%

  • 香り…麦芽、アップルパイ、クリームデニッシュ、食パン、レーズンのパウンドケーキ。
  • 味…超スムーズ。薄めたサングリア、シナモンロール。そっけない余韻。
  • 総評…香り柔らか、舌触りも優しい。ベーカリーにいるような感覚で、夜だけでなく、おやつタイムにも。

86点

@LEAP BAR

トマーティン12年をテイスティング

この12年は、パン屋さんに紛れ込んでしまったような香りと味で、個人的にはタイプです。
でもそんな楽しい試食タイムはあっという間で、余韻に浸る間もなく、ドアの外に放り出されてしまいます。

あまたのシングルモルトの中でも印象に残るのって、そうそうないんですよね。
「飲みやすいなかにも個性」のあるウイスキーが好きですけど、単に飲みやすいだけでは難しい。
……なぁんて勝手なことを吐かしてます。

トマーティンは失礼ながら印象に残らないですけど、これを嫌いという人はあまりいないのでは。
軽くってクセがなくて、味もまずまず。
万人の舌と鼻に受けるのは、ソロアーティストとしての気難しさとは相反します。
ハンサムで人気があるのに、すれ違っても気づかない芸能人のよう。

懐が許せば、「すごいトマーティン」も飲んでみたいですが、自分の中での優先度としては……。
あとは縁次第ですね。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性