日本に3本のみ、ハイランダーインのスペシャルなスカリーワグ。

ハイランダーインのスペシャルボトル「スカリーワグ」

「Highlander inn(ハイランダーイン)」といえば、ウイスキーファンの聖地といえる、スペイサイド・クライゲラキにあるホテル&バー(早く訪問したい!)。そのハイランダーインのBAR(パブの色彩が強いかな)がここ日本にも、東京・中野坂上と人形町、秩父にあります。人形町店で、日本にたった3本しかないというブレンデッド(ヴァッテッド)モルトをいただきました。

ダグラスレイン スカリーワグ リミテッドエディション for Highlander Inn 48%

  • 香り…ふくよかで甘い。麦わら、バニラクリーム、後半にうっすら発酵臭。
  • 味…ミディアムボディ。ねっとりとした甘辛み。ティラミス、ダークチョコレート、甘塩シャケ。
  • 総評…スペイサイドモルトの選抜オールスター布陣と思わせるほどの絶妙なバランス。優しい味わいで、あらゆる場面に適応する。

@Highlander inn Tokyo(ハイランダー イン トウキョウ)人形町店

スカリーワグ ハイランダーイン限定ボトル

ラベルにはフォックステリアと、その横にクライゲラキのホテル全景のイラストが描かれ、実に愉しげ。「スカリーワグ」はシェリー樽熟成のメジャーどころ=ザ・マッカラン、ザ・グレンロセス、モートラックあたりを混和させた原酒を使用しているとのこと。大手ボトラーのなせる業ですね。でも、このハイランダーイン限定スペシャルボトルで感じたのは、シェリー樽系特有の濃厚べっとりな香り&味わいではなく、むしろ軽やかさ。

推測するしかありませんが、樽の影響を受けやすい1stフィルのシャリー樽原酒に加え、バーボン樽熟成の原酒も同等あるいは5割以上の比率で使用しているのではないかな、と。このあたりはハイランダーイン人形町店の鈴木俊之店長か、オーナーの皆川達也さんに直撃質問するしかないですね。チャンスがあれば聞いてみます。

この日は夕餉を兼ねて、スコッチハギスとともにいただきました。ハイランダーインは日本にいながら、スコットランド料理が味わえる貴重なお店でもあります。ハギスやシェパーズパイを供にモルトをやる。これ、たぶん延々飲んでられますね。

ハイランダーイン人形町店でスコッチハギス

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて100軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新750記事超(2019年2月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性