VIRON渋谷店のクレープが、かなりうまかった件。

VIRON渋谷店

渋谷に演劇を観に行ったついでにVIRON(ブラッスリー・ヴィロン)渋谷店でクレープを立ち食いしました。
結論すごく美味しかったので、ここで書いちゃいます。

そば粉なんぞを使ったおしゃれな「ガレット」の登場もあって、立ち食いクレープというと10代の特権みたいな印象なんですよね。
原宿で売っている、あの三角型でやたら甘いやつが象徴的。
もはや中年のぼくには、クレープなるデザートはすっかり縁遠い存在になりました。

が、VIRONのクレープがやたらうまいという評判に興味がわき、ついにお店へ。
黒板メニューを見たらアルコール入りが2種類(ラム酒またはオレンジリキュール)あるじゃないですか。
というわけで後者=グランマニエを。
VIRON渋谷店は、店の入口脇にクレープのテイクアウト用窓口があり、そこで注文します。

待つこと約5分、原宿クレープを想起させるあの三角形のクレープが手渡されました。
その場でパクリ……おぉっ、うめぇ!

VIRON渋谷店のクレープ

なんでも同店の名物バゲットレトロドールの粉を使用しているそうで、生地はもちもちした噛みごたえがあります。
素材好きとしてはそれだけで十分満足ですが、エシレバターと砂糖、トドメのオレンジリキュールが絶妙にマッチ。
甘すぎず重すぎずで、スイーツを食べた後の「胃にくる」感じが全然ない。

こりゃ他のも食いたいぞと、自宅から行きやすい東京駅丸の内南口TOKIA1階にある丸の内店を調べてみたら、こちらではクレープは販売していないんだって。
クレープは渋谷店だけ、しかもテイクアウトのみですのでご注意を。

VIRON渋谷店のクレープメニュー

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性