解除の初日、さっそく外飲み。

というわけで、さっそく行ってきました。
久しぶりの平日BARです。
従来から1時間伸びて、20時ラストオーダー、21時閉店。
でも、この1時間が大きい。

ぼくの場合、仕事がだいたい19時までなので、なんとか間に合います。
緊急事態宣言解除初日の19時30分に店に入り、ジンリッキーからロングロウのショット、サイドカー、ウッドフォードリザーブのショット、ロングロウと。
もー、順番もへったくれもありゃしない。

20時〆なので、ペースは速めになります。
焦る、というか、とにかく飲めるうちに飲んでおかねばと。
なのであくまで表向きは優雅に(ウソ)、でも矢継ぎ早にサシカエとなります。

実のところ今までとペースはさしたる変化はないのですが、早く締まるというだけで酔いも加速してる気がするんです。
要するに酒は弱いということ。
「気がする」だけなら取り越し苦労なんですけどね。

まぁこうして外飲みできるだけありがたいですが。
対策として飲食店に一律の時短を強いるしか脳のない知事どもは、恥を知るがいいと思います。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性