長濱蒸留所のAMAHAGAN 山桜ウッドフィニッシュ。

アマハガン World Malt 山桜ウッドフィニッシュ

カスク(cask)=樽全般を指して「木樽」と言いますけど、ウイスキーの熟成で使われる樽材の「オーク」と区別して言うこと、ないですか?
だからウイスキーで樽といえばオークのことだし、木樽といえばオーク以外の樽材(たとえば国産ウイスキーに使われていたスギやサクラなど)を呼ぶわけです。
この辺りは、むかしのウイスキーに詳しい人に聴いたほうが良さそうですね。

で、日本産の山桜樽でフィニッシングしたという、長濱蒸留所のワールドブレンデッド「山桜」をいただきました。

AMAHAGAN(アマハガン) World Malt 山桜ウッドフィニッシュ 47%

  • 香り…若干のツンとくる金属臭からスタート。その後、木樽と焚き木、燃やしたバナナに変化。
  • 味…ややオイリー。黒糖、ナッツ、アップルパイ。締めくくりはシロップ。
  • 総評…ワイン樽で仕上げたウイスキーを飲んでいるみたい。上品な甘さで食後酒向け。

87点

@Willow’s

アマハガン World Malt 山桜ウッドフィニッシュをテイスティング

海外のモルトウイスキーに長濱蒸溜所のモルト原酒を混ぜたシリーズの1作。
長濱蒸留所「AMAHAGAN(アマハガン)」の「Edition No.1」を軸に、日本産の山桜樽で後熟を行ったそうです。

「山桜」というネーミングに引きづられて、木香の片鱗も感じました。
が、巷間で言われている桜餅(オオシマザクラの葉)や梅は個人的には感じられなかったなぁ、すまんね。

とはいえ先日いただいた、同じアマハガンのエディションNo.1と比較すると、後熟のアレンジでこうも違うのかと驚き。
多少荒削りなエディションNo.1と比べると、この山桜はずいぶんエレガントでおしとやかな仕上がりです。

ところでウイスキーで「山桜」といえば、笹の川酒造のブレンデッドを思い出すのですが。
ジャパニーズウイスキーの新定義がなされたところですし、水や樽に使う木材などでも日本ブランドはアピールできるはず。
生産者の皆様にはぜひ頑張ってほしいところです。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性