グレンリヴェット。なんにも考えたくないとき、基本に立ち返る。

4月末からの連休取得もなんのその、どうにかこうにか乗り越えました。周りのおかげ、そしておれのおかげ。というわけで心静かに、穏やかに。

ザ・グレンリヴェット ファウンダーズ・リザーブ

  • 香り…カラメル、バニラ、オレンジピール。
  • 味…ライトボディ。カスタードクリーム、焼きリンゴ、パンケーキ。
  • 総評…穏やかのひとことに尽きる。控えめでバランスよく、落ち着いている。このニュートラルさこそ、グレンリヴェットたる所以。ストレートしかない。
  • 次に飲むのは?…ストラスアイラ12y。

@BAR Atrium Ginza

「ファウンダーズ・リザーブ」は名前の通り、創業者ジョージ・スミスによるレシピを現代によみがえらせたというもの。この味がすでに200年前に完成してたなんて。当時の人の繊細で鋭敏でもある感覚、想像を越えてます。

グレンリヴェットは折り目正しいウィスキーといった感。普段あまり選ばないのですが、あえて飲んでみると美味しい。波風がほとんどなく、仕事を終えて一段落した辺りにはぴったりでした。珍しくお代わりもしちゃいました。

ザ・グレンリヴェット ファウンダーズ・リザーブ

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / 訪問したBAR国内外合わせて100店超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(現在は休止中) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活実践者 / ブログは原則毎日更新600記事超(2018年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性