ジンからのピーティなシングルモルト。意外に決まった。

たまには目先を変えて、入口をジンで。その後に考えて、大好きなジャパニーズ、余市にしてみました。

シングルモルト余市 ヘビリーピーテッド 48%

  • 香り…樽、キャラメル、フルーツパフェ。微かに微かにピート。遅れてシトラス残り香にシェリー。
  • 味…スィート。アーモンドチョコレート、アイスクリーム。フィニッシュはショウガ。ミディアムライト。加水してボディ変わらないが、ブラウンシュガーのように。
  • 総評…甘く複雑。ネーミングのわりに優しく、余市本来のどっしり感は薄れている。
  • 次に飲むのは?…ハイランドパーク18y。

@カクテルワークス 神保町

シングルモルト余市 ヘビリーピーテッド

ヘビリーというが、全然スモーキーではない。奥のほうに本当に微かに感じるくらい。だが、物足りないかというと、そうでもない。現在リリースされてるノンエイジがレベル高いんだなと再認識させられました。

普段1杯目はジンリッキーなどをもらうんですけど、この日はせっかくクラフトジンが揃った店に入るんだから、ちゃんと体験してみよう、ということで、入口をこちらにしました。

クラフトジン FEW

FEWというジン。これはオフィシャルものではなく、ボトラーズジンです。原料はアメリカンホップ。ウィスキーの熟成に使うバーボン樽使用でマダガスカル産バニラのような甘さもあり…というもの。確かにジンだけど尖ったような感じがない。ストレートでもらって、より引き立った甘さを実感できました。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

紙もウェブもやる編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて100軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活 / ブログは原則毎日更新750記事超(2019年2月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性