ジョニーウォーカー レッドライ。アメリカンウイスキー風のスコッチ。

自宅飲みブレンデッドウイスキー更新。今回はジョニーウォーカーの限定「ブレンダーズバッチ」シリーズの「レッドライ・フィニッシュ」を購入しました。

近所のリカーマウンテンで迷った揚げ句、ジョニーウォーカーなら間違いないだろうということで、チャレンジングな商品を選んでみました。お値段2,380円(税込2,570円)です。

これはですね、結論から言いますと「アメリカンウイスキー的」です。一口飲んで「ん? これバーボンじゃんか」と思ったほど。”アメリカンウイスキーの皮をかぶったスコッチ”と言ってしまいましょう。

同シリーズでも「トリプルグレーン アメリカンオーク10年」よりも、こちらのほうがバーボンらしさを感じさせます。それもかなり強く。

おなじみカードゥを軸にウイスキー4種が使われているそうで、ファーストフィルのバーボンカスクで寝かせた原酒を、ライウイスキーの空樽で最大6カ月マリッジしているとか。道理でアメリカンの個性がもろに出ているわけです。

あくまで好みによるのでしょうけど、アメリカンウイスキー好きの方は、ライウイスキーやバーボンウイスキーを購入すればよろしいかと。スコッチのモルト原酒を使いながら、アメリカンの味わいと香りに近づける意味、僕には理解できません。

グレンモーレンジのように膨大なシミュレーションと実験を繰り返したうえで、バーボン樽を使うのとはわけが違います。この「レッドライ」は試みとして面白いですが、そういう実験の楽しさと、飲み手としての楽しさが両立するとはかぎらない。そんなウイスキーです。

ジョニーウォーカー ブレンダーズバッチ レッドライ・フィニッシュ

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて100軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新750記事超(2019年2月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性