デュワーズ カリビアンスムース8年、陽気なスコッチ。

デュワーズ カリビアンスムース8年

ラム樽仕上げの8年は、縁日から南国に飛ばされる陽気さが面白いものでした。

デュワーズ カリビアンスムース8年(Dewar’s CARIBBEAN SMOOTH) 40%

  • 香り…薄め。クリームあんみつ、焼いたパイナップル。加水すると香りは余計に薄くなる。
  • 味…コーヒーに溶けた砂糖。チョコレートバナナ、サトウキビ、バニラビスケット、後口はほの温かく、そっけない。
  • 総評…マイルドでストレートでも十分飲みやすいが、水や氷を入れると一気にトロピカルフルーツが表れて南国テイストに。

85点

デュワーズ カリビアンスムース8年をテイスティング

自宅飲み用ブレンデッドスコッチとして、700mLボトルお値段2,280円(税抜)で購入。
8年以上熟成のシングルモルト40種とグレーン原酒をブレンドし、再熟成。
さらにラム樽で約6か月のフィニッシュを施しています。

今年5月25日の発売から約ひと月、やっと入手できました。
これは面白い、陽気でゴキゲンなスコッチですね。
入口はチョコレートバナナで、屋台が並ぶ縁日的なイメージ。
そこから少量の加水で、南国にひとっ飛び。
れっきとしたスコッチなわけで、ウイスキーの多国籍感を味わえます。

欲を言えば「もう少しボディがあれば」というところですが、ハイボールやカクテルの材料などを見越しているのかも。
あえて軽くしているのは時代の要請でしょう。

このカリビアンスムースはデュワーズが「イノベーション・シリーズ」と名付けた限定版の第1弾。
樽選びの妙と、お求めやすさを両立させた意味で、たしかに革新的です。
第2弾「イリーガルスムース8年」はすでに海外でリリースされており、グアテマラのイリーガル・メスカル社の手掛けたメスカル樽で追熟させたものだそう。
こちらも楽しみです。

余談ですが、このシリーズはBARなどの飲食店向けではなく、量販店向けに展開させるとか。
あえて飲食店に流通させず、スーパーやECで売るらしい。
バカルディジャパン株式会社のマーケティングですね。

たしかにデュワーズは、ジョニーウォーカーやバランタインがたまに出すスペシャルリリースがないですから、競合他社がやってない「目新しさ」で売っていこうという作戦でしょうか。
今後の動向に要注目です。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性