レイクス、期待高まるイングリッシュ・シングルモルト。

レイクス ザ・ウイスキーメーカーズリザーブ No.3

ビアトリクス・ポターの『ピーターラビット』でおなじみ、英国・湖水地方国立公園の中に2014年12月に創業した、その名もレイクス蒸留所。
限定版シングルモルトをいただきました。

レイクス ザ・ウイスキーメーカーズリザーブ No.3(The Lakes Whiskymaker’s Reserve No.3) 54%

  • 香り…うっすらと白ぶどう(デトックスウォーター的な)。りんごの乗ったレアチーズケーキの傍らにナッツが山盛り。
  • 味…ダークチョコレートと若干の生姜。オリーブオイル、ナッツ。余韻は温かみをもってたなびく。
  • 総評…熟成が短い分、シェリーの特徴が如実に表れているかのよう。たゆたうみずみずしいブドウ感がたまらない。

88点

@ですぺら

レイクス ザ・ウイスキーメーカーズリザーブ No.3をテイスティング

マッカランで蒸留技師を務めたマスターブレンダーのダヴァル・ガンジーさんがセレクトしたPX、オロロソ、クリームシェリーと赤ワイン樽で熟成させたシングルモルト。

驚きました、これめっちゃ良いですよ。
おそらく熟成3〜4年と思われますが、すでに完成されている印象。
シェリーの押し付けをワイン樽がほどよく制し、バランスを保っています。
ブラインドで出されたら、「これは12年前後のハイランドモルトでシェリー樽の○△■★!(キリッ)」とかなんとか、全く頓珍漢に答える自信あり、です。とほほ。

イングリッシュ・シングルモルトではありますが、スコッチの造り方に倣うそうで、その辺りは手がたい。
ただ、これが新造のモルトと聞けばけっこうな衝撃度合い。
キャッシュを得るため、早々にこのモルトはじめ各製品をリリースしたのかもしれませんが、そんな「背に腹」な事情など感じさせない出来栄えです。
年間10万人以上の観光客が同蒸留所に押し寄せる地の利もあって、この内容ならファンがすぐ付くんじゃないかな。
ジンやウォッカも造っている同蒸留所の今後、要チェックです。

この記事を書いた人

hiroki「酒と共感の日々」

hiroki

Webの中の人|ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート|SMWS会員|訪問したBAR国内外合わせて200軒超|会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年)|ひとり歩き|健全な酒活|ブログは不定期更新2,000記事超(2022年11月現在)|ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性