「亡命鶏」を作ってみた。

『亡命ロシア料理』の「帰れ、鶏肉へ!」を作ってみた

Twitterでバズった「帰れ、鶏肉へ!」を作ってみました。
書籍『新装版 亡命ロシア料理』(未知谷)に載っているレシピのひとつで、これが超カンタンで美味!
料理を徹底的に手抜きする身としては、定番化必至です。

「帰れ!鶏肉へ」とは同書の第5章に掲載されている料理です。
レシピのくだりを引用する。

 鶏肉の大きなかたまりと乱切りにしたタマネギを用意する(鶏肉四〇〇グラムにつきタマネギ中二個)。鍋の底にバターの小さなかけら、月桂樹の葉、粒胡椒、鶏肉、タマネギを入れる。水は一滴もいらない! 塩を振り、弱火にかけて、その場を離れる。
 掃除なり、愛なり、独学などに精を出せばいい。台所にいなくったってすべてはうまくいくのだから。一時間半程たてば、汁の滴る素晴らしい料理ができあがる。
『新装版 亡命ロシア料理』(未知谷)ピョートル・ワイリ/アレクサンドル・ゲニス 沼野充義/北川和美/守屋愛 訳

最初、ル・クルーゼのホーロー鍋でやってみたんですけど、大判の鍋では水分がすぐ飛んでしまう。
改めて小判の鍋でやってみて大正解。
レシピより多め(鶏肉は2パック約500グラム、新タマネギは大2個と小1個)くらいでちょうどいい分量でしたね。

煮汁にはバターが沁み込み、鶏もも肉はホロホロ、タマネギはトロトロに。
味見してやや塩気が足りなかったので、仕上げに追い塩コショウしました。
いやはや、週末に鶏肉を買いだめしてしまいますね、こりゃ。

『亡命ロシア料理』っていい響きですよね。
なんかこう、郷愁に駆られます。
レシピだけでなく文体や語り口も軽妙です。
これを読んだあなた、書籍を買いましょうね。

あ、記事タイトルの「亡命鶏」はぼくが勝手に付けたものです、あしからず。

「帰れ、鶏肉へ!」

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性