「食」以外のストレス解消法ってなんだろう?

仕事のピーク=〆切が近づくにつれ、食事(おやつ)のテキトーさに拍車がかかります。もともと1日2食ですが、最近は朝食も摂らないことが多く(ぎりぎりまで寝ているので)、1日1食も珍しくありません。なんの自慢にもなりませんが。

その1食でさえもコンビニに駆け込んで、サラダチキンとホットコーヒー(Lサイズ)。こんなメニューが定番化してます。サラダチキンはたまにファミチキや、ファミポテに変更……って、なんのバリエーションにもなってませんね。

そうすると自宅でのささやかなつまみはもちろん、週末の外食がまー美味しい、美味しい。普通に食事ができることのありがたみが身にしみます。

飽食の時代と言われて久しいですが、量を追求するのではなく質、それも我慢して味わうのではなく、少ない量で満足感を得られるようにしたいなぁと思っているのですが。このあたり、やはりストレスの多少と関係があるようです。「ストレス太り」って言い訳のように聞こえますが、食べるという充足感はストレス解消への最短距離ですよね。

その代替措置として何が自分にマッチしているかなと、最近考えることが多くなりました。呼吸法(ヨガ)、適度な運動(水泳)、そして睡眠。この3つがカギを握っている気がします。自分にできることを着手してみます。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / 訪問したBAR国内外合わせて100店超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(現在は休止中) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活実践者 / ブログは原則毎日更新600記事超(2018年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性