グレンモーレンジィ ネクター・ドール、鼻持ちならないノンエイジ。

グレンモーレンジィ ネクター・ドール

今現在のグレンモーレンジィのネクタードールです。
仕上がりというか、味付けが出来すぎで「もうわかった、わかったから」って感じ。

グレンモーレンジィ ネクター・ドール ソーテルヌカスクフィニッシュ(GLENMORANGIE Nectar D’or Sauternes Cask Finish) 46%

  • 香り…甘さと柑橘の押し出しが前面。レモンタルトを入口に、その後サルタナレーズンやプラムのフルーツケーキ。
  • 味…濃ゆい甘さ。レモンパイ、クリーム、レーズンバター、アーモンド入りのダークチョコレート。
  • 総評…ペルシャ絨毯の応接間でバニラアイスとウエハースをつまんでいるような。その後にドライフルーツも襲ってきて、おなかいっぱい。

89点

@Willow’s

グレンモーレンジィ ネクター・ドールをテイスティング

終売したグレンモーレンジィ(グレンモーレンジ)ネクター・ドール12年を後継した、ノンヴィンテージです。
モーレンジィおなじみバーボン樽での熟成後、ソーテルヌワイン(貴腐ワイン)の樽で後熟させたもの。

年数表記こそありませんが、熟成年数が行っている印象。
以前のネクター・ドール12年のほうがずっと控えめのように感じるのはなぜ?

今回のノンエイジのほうがコンテンツ豊富ですが、バランスやま束ね方の意味では一世代前に軍配か。
もちろん個人の好みによりけりですが。
熟成年数とか樽選定の妙はもちろん、高い完成度は計算を重ねた作為によるものであり、現代の飲み手に沿う巧妙なつくりにしてあるんだろうなと。

ハイランドモルトの中でも、グレンモーレンジィに対しては贔屓目な評価になるのですが、今のネクター・ドールからは鼻持ちならないものさえ感じます。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性