キングスバーンズ シングルカスク、クセなくプレーン。

キングスバーンズ シングルカスク

名門貴族ウィームス家が手掛けるファイフ地方の蒸留所キングスバーンズ。
ローランドのクラフト蒸留所によるシングルモルトのシングルカスクをいただきました。

キングスバーンズ シングルカスク(KINGSBARNS Single Cask) 62%

  • 香り…やや金属臭からスタート。洋梨、むきたてのゆで卵、フルーツドロップ。
  • 味…粘性のある舌触り。唐辛子、ホワイトアスパラ、イチジク、バナナパフェ。
  • 総評…荒さは感じるものの、原型ができている。わずかの加水で落ち着くが、最初は生のままで。カクテルの材料も面白いかも。

85点

@Cocktail Works Ueno

キングスバーンズ シングルカスクをテイスティング

シェリー樽やSTRカスクなどのリリースも相次ぐキングスバーンズ。
このカスクストレングスはアルコール度数62%で、入口はニューポッティで特徴がつかみづらく。
時間が経つと、アメリカンオークのバーボンカスクの特徴的なバニラやフルーツっぽさが見えてきます。
クセがなく熟成も浅い、どちらかというとプレーンな香味。
ですからカクテルの材料としても使いやすいんじゃないかな、と。

バーボン樽好きとして、個人的には楽しめました。

この記事を書いた人

hiroki「酒と共感の日々」

hiroki

Webの中の人|ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート|SMWS会員|訪問したBAR国内外合わせて200軒超|会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年)|ひとり歩き|健全な酒活|ブログは不定期更新2,000記事超(2022年11月現在)|ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性