いいちこ25度が第2のチェイサーと化す。

いいちこ25度

家飲みのチェイサーと化している焼酎は、最近は専らキンミヤです。
すっかり気に入ってしまい、欠かさないようにしているのですが、よく行く酒屋さんで在庫切れ。

で、やむなく「いいちこ25度」を買って、飲んでみました。
いいちこの25度ボトル、実は初めてなんです、買うの。
「フラスコボトル」や「いいちこスペシャル」のような、おしゃれなプロダクトを出している三和酒類さんと、このスタンダードが結びつかなくて。
なんてったって「下町のナポレオン」ですかね。
ドーンと書かれたキャッチーな文字に「……」となるわけです。
この垢抜けないボトルだからこその滋味な個性なんでしょうけど、個人的には断然「いいちこパーソン」です。

ボトルデザインを手掛けたアートディレクター、河北秀也先生のプロダクトはこちら。

久しぶりに飲んだせいか、香りを強く感じます。
フルーティさとほどよいアルコール感が、涼しくなりかけの気候にもマッチ。
香りは最初だけで、あとはきれいな乙類焼酎です。

焼酎といえば麦焼酎一択の身としては、このクセのなさがたまらんですね。
困ったときの神頼みならぬ麦焼酎頼み、ですわ。

この記事を書いた人

hiroki「酒と共感の日々」

hiroki

Webの中の人|ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート|SMWS会員|訪問したBAR国内外合わせて200軒超|会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年)|ひとり歩き|健全な酒活|ブログは不定期更新2,000記事超(2022年11月現在)|ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性