バング&オルフセンのイヤホン購入。その使用感について。

日常使いしていたSHUREのイヤホンSE425がダメになってしまい、買い換えました。SE425を継続使い3回目とするつもりだったけど、土壇場で気が変わり、別のやつを買っちゃった。

B&O Play H3 ANC

B&O PLAY という、バング&オルフセンのいわばカジュアルラインからリリースされたアクティブノイズキャンセリング機能付きイヤホンです。ヨドバシカメラで29,800円で購入しました。

B&O PLAY ノイズキャンセリングイヤホン

聴いてみたところ、かなりの新鮮味を得られました。ぼくは重低音、バスブーストに寄った設計のヘッドホンやイヤホンが苦手。だから、高低のバランスよく、できるだけ原音に忠実なものがいいんです。

H3ANCは、このバランスに加えて、ジャズのリスニングに適したような奥行き、温かみがある。低音が強調されてるのだろうけど、行き過ぎてはいない。レコーディングやライブハウスの「生々しさ」ではなく、「空気感」「雰囲気」が伝わってくるイメージです。

SHUREのSE425はその点、3万円を切る値段でまずまず、音質面をクリアしてました。が、メーカーがワイヤーフォームキットと呼ぶ、耳の上からコードを通すデザインは、使い古すとこんな感じで痛みます。

SHURE SE425

見えるかな。中の線が飛び出して、接触不良を起こしてしまいました。我ながらよく使った感慨深さですが、耳にかけるこの曲線部を強化してくれてたら、乗り換えなかったですよ、SHUREさん。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / 訪問したBAR国内外合わせて100店超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(現在は休止中) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活実践者 / ブログは原則毎日更新600記事超(2018年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性