馬玉さんの「抜け雀」、仕草も鮮やか。

鈴本演芸場2021年9月中席 

上野鈴本演芸場令和三年九月中席昼の部・千秋楽(2021年9月20日)に行ってきました。
金原亭馬玉さんが主任です。

(途中から)敬称略
粗忽長屋 白酒
粋曲 小菊
抜け雀 馬玉

馬玉さんをトリで見るのは、数年ぶりです。
年末に行われている鈴本の企画興行「年の瀬に聴く『芝浜』」以来。

そのときもでしたが、今回も馬玉さんはマクラなし。
スパッと本題に入るのが潔い。
滑舌がよく、ちょっと甲高い声が心地よいのです。

「抜け雀」は一文無しで無銭投宿した男(=実は狩野派の絵師)が、宿賃代わりに描いた絵が評判になる噺。
馬玉さんの「抜け雀」は、仕草も見もので。
宿屋の主に墨を擦らせ、絵師が衝立に雀の絵を一気に描き上げるくだりが、まぁきれい。
うまい噺家さんが演じると「景色が見えるよう」とよく言われますが、馬玉さんもまさにそう。
墨をササッと付け、絵筆でスラスラーッと滑らかに描く景色の良さったら。

雀が衝立から羽ばたいてしまう「抜け雀」って、よくよく考えればSFチックなストーリー。
ですが、そう感じさせない、ほんとにあったんじゃないかと思わせる説得力ってなんだろね。

今回ちょうど時間が空いたので滑り込みでしたが、やっぱ正解でした。
そういうニッチタイムでも来たいところです、寄席って。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性