ハイランドパーク エジンバラ空港向け、ヘザーハニーの押し出し。

ハイランドパーク エジンバラ空港向けボトル

シェリー感はさほどでもなく、むしろヘザーハニーが真っ先に飛び込んで来て、いかにもなハイランドパークでした。

ハイランドパーク14年 エジンバラ空港向け(HIGHLAND PARK 2003-2017 14 Years Old for EDINBURGH AIRPORT Cask No.2118) 59.9%

  • 香り…ヘザーハニー、マーマレードジャム、紫の花、ブラックカラントやブルーベリー、後ろのほうに石鹸。
  • 味…麦芽の甘さ。クリーム、ジンジャーミルク、枝付きレーズン。燻製したナッツが傍らに。余韻そこそこ。
  • 総評…まさにヘザーハニーな入口からクリームやベリー系のフルーツに収斂していくプロセスが面白い。

86点

@Heather Honey

ハイランドパーク エジンバラ空港向けボトルをテイスティング

ハイランドパークが欧州ほか世界各地の免税店や、インデペンデントボトラー向けにリリースしているシングルカスクシリーズのひとつ。
2018年1月発売で300本限定、リフィルシェリーバットの14年熟成です。

飲めばひと目でハイランドパークと分かるヘザーハニーと、ややくぐもった燻香がいかにも。
開栓して少し経つせいか、シェリーなベタつきよりも、いい感じの飲みやすさに落ち着いていました。

余談ながら、クリムゾンのフェスティバルホール公演後に伺ったのが、こちらのBAR。
1年ぶりの再会を店主と喜びつつ、ゆっくりテイスティングどころじゃなくなりました。

なんせ店主がぼくの着ていたクリムゾンのツアーTシャツを見て、まさかのBGM変更。
店内のBOSEでクリムゾンをかけてくれちゃったから(驚)。

「日本中のウイスキーバーで、今クリムゾンかけてるのはウチだけでしょ」と。
居合わせた常連さんと大笑いしたけど、なんか申し訳なかったな。
どうもありがと、また次回ね。
この後、いただいた2杯は次の記事以降で。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログはほぼ毎日更新1,700記事超(2021年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性