花を売るLAWSONのように、手軽に花を買える場がほしい。

ローソンで買った花

近所のLAWSONで花きを扱ってて、これがなかなか良い感じなのです。
何が良いって、ワンコイン(500円)で上アイキャッチ写真のようなアネモネが買えちゃう(買ってから少し経つので、だいぶ花びらが開いてます)。
花「束」というには小ぶりですが、持ち帰って自宅に帰るのであれば、これくらいで十分です。

あらゆる既存領域に攻め入るコンビニですが、なぜか花を扱うコンビニはない(スーパーではよく見かける)。
たまーに墓地に近接する店舗で供花用の菊やスターチスを見かける程度。
おしゃれなアレンジとか、デートや記念日、送別会などで渡す花は、やはり専業の生花店でないと難しいですね。

でも、わざわざ花屋さんに行くほどではないけど、「ちょっとした花がほしい」というニーズってあると思うんですよ。
近所のLAWSONのオーナーさんはそこに目をつけたのだと思いますが、他店に広がりを見せる感じではない。
なぜ広がらないかといえば、店内掃除や水の交換、受け渡しなどで管理コストがかかるし、そのわりに売上が芳しくないからでは?
想像でしかありませんが。

コンビニで花が買えるのは、生活を彩る意味でもとても良い試み。
LAWSONに限らず、もっと手軽に花を買える場が現れるといいのに。
誰かビジネスにしてちょーだい。

この記事を書いた人

hiroki「酒と共感の日々」

hiroki

Webの中の人|ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート|SMWS会員|訪問したBAR国内外合わせて200軒超|会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年)|ひとり歩き|健全な酒活|ブログは不定期更新2,000記事超(2022年11月現在)|ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性