SMWSアンバサダー、ジョン・マッチェインさんを囲む。

SMWSアンバサダー、ジョン・マッチェインさん懇親会

ザ・スコッチモルトウイスキー・ソサエティ(SMWS)のマスターブランドアンバサダー、ジョン・マッチェインさんを囲む懇親会に参加してきました。SMWSの成り立ちからボトルリリースの裏側、ジョンさんのルーツまで知ることができた約2時間。同席した参加者の、モルトウイスキーに対する熱量も高く、素晴らしい会でした。

会場はパークホテル東京のBAR「ザ・ソサエティ」。10人の参加者にウェルカムドリンクとして、ダルユーインのハイボールが振る舞われ、さっそくジョンさんのトーク開始。ザ・スコッチモルトウイスキー・ソサエティ株式会社の橋本さんが通訳しくれました。

この懇親会用にリストが配られ(ザ・ソサエティの常設ボトルかな?)、その中からワンショットずつ、何杯でも注文できるというオソロシイ(うれしい)サービス。とはいえカスクストレングスで、ジョンさんの話を聴きながらですので2杯だけ。ぼくは37.75「ウキウキするアロマと舌触り」(1997 18y 55.1%)、7.149「贅沢すぎる贅沢」(1990 26y 59.2%)をいただきました。

SMWSジョン・マッチェイン氏親睦会

SMWSはノンチル・ノンフィルターなど、現在のボトラーズでは至極当然となっているリリースを定着させた組織であり、蒸留所名を直接明記しないコード番号システムで知られています。その代わり、上述のカギカッコで示したようなユニークなタイトルが付与されます。

SMWSがエジンバラで設立されたのは1983年。ジョンさんは翌1984年に入会し、発足当初のメンバー1000人のうちの一人。ソサエティ初のグラスゴー出身者だそう。

SMWSブライドアンバサダー、ジョン・マッチェインさん来日

ブログでは書けないような多数の秘話をオープンにしてくれたジョンさん。ラフロイグが現在にいたるジョンさんの下地になっており、なかでも25年物には特別な思い入れがある様子。

SMWSには、会に認められた「テイスティングパネル」という、いわば有識者で構成された約20人のメンバーの承認をもってボトリングされるそう。メンバーはチェアマンに対し、サンプルのアロマ&フレーバーを表現し、最終的に合議でタイトルが決まるのだとか。

ジョンさんはこんなエピソードを。テイスティングしたウイスキーを「自動車の革張りのシート」という表現をしたところ、チェアマンに「どの車のことだ?」と車名を答えるようツッコミが。

そこまで突き詰めるココロは? 現在SMWSでスピリット・マネジャーを務めるユアン・キャンベルさんは「感じた香りは、自分の記憶や生活の中から来ているものだ」と話したそうで、なるほど納得。ジョンさんは、我々参加者に対し「まず飲み込む前に45秒、香りを嗅いでみろ。楽しんで表現してほしい。シリアスになりすぎるな」とアドバイスをくれました。

また、「家でソサエティボトルを飲むときは、ラベルを見ずに飲んでみろ。テイスティングに不正解はないのだから」とも。そうやって感性を磨けってことなのでしょう。そういえば、先日も美術館で「最初に作品の脇に書かれた、説明を読まないで」とガイドさんにアドバイスされたっけ。まずブラインド(するくらいの気持ち)で、自分の直感で得た感動を大事にしたいと、改めて痛感しました。

ご参加の皆さんの、知識も熱量もひときわ高かった懇親会。今後もできるだけ参加していきます。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて100軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新750記事超(2019年2月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性