グレンファークラス12年カスクストレングス、絶妙なチューンナップ。

グレンファークラス12年 カスクストレングス バッチ3

スーッと喉に入る通常の12年とはキャラもパワーも全く異なります。

グレンファークラス12年 カスクストレングス バッチ3(Glenfarclas 12y Cask Strength Batch3) 58.9%

  • 香り…主張あり。プルーン、レーズン、タバコ、ストロベリーチョコレート、不二家のミルキー。
  • 味…やや苦みのあるスタート。ダークチョコレート、オランジェット、深煎りコーヒー、ピスタチオ。後からバナナパフェ。
  • 総評…ノーマルの12年をチューンナップしてパワフルに。いつもよりもキック、濃い味がほしいときにどうぞ。

86点

@ECCAPE by cocktail works

グレンファークラス12年 カスクストレングス バッチ3をテイスティング

日本向け限定ボトルで、こちらはバッチ3。

イベントの試飲などで何度か飲んで、ゆっくりやることがなかったので。
熟成感とも飲みやすさとも異なり、ドライフルーツやカカオを彷彿させる大人なコンテンツで成り立っています。

昨今の軽めのウイスキーに慣れると、このファークラスのようなガッツリした味わいは、ありがたみを覚えます。
オフィシャルのハイプルーフ版、メーカーさんはもう少し前向きにリリースしてくれると良いのだけど。

この記事を書いた人

hiroki「酒と共感の日々」

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログはほぼ毎日更新1,700記事超(2021年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性