難波でふらっと入ったBARで、良い独り時間。

難波の老舗バー

梅芸での観劇のために前日夕方に大阪入り。
久しぶりにミナミ(難波、心斎橋、道頓堀界隈)を散策してみました。
法善寺にお参りし、繁華街をぶらぶらし、純喫茶アメリカンでお茶休憩などした後のBARです。

今はGoogle先生という便利な検索エンジンがあるので、周辺のBARを調べてみたのですが、ネットの情報だけではどうにもピンと来ない。
自分で足の向くまま探してみようと決めて歩いていると、大通り沿いなんだけど、ビルの1階奥まったところにドアがあるBARが。
ただならぬ雰囲気を感じ、「えいやっ」とドアを押してみると、やけに時代がかった趣。
そうそう、こういう感じですよ。我が意を得たり内心で叫びつつ、カウンターの椅子に座らせてもらいました。

左隣には3人連れのご婦人で世間話に花を咲かせているご様子、右隣は男性3人連れで常連の方がお仲間を連れてきた感じ。
特別なハレの時間もいいんだけど、地元の人に普段使いされている酒場ってのが良いよね。
カウンターは男性おふたりが切り盛りしていて、マスターと男性客の大阪弁の会話が耳に心地よく入ってくる。
1954年(昭和29年)創業の老舗で、この界隈はかつて洋酒ハイボールバーが立ち並んでいたとか。
それらのお店が1軒また1軒と徐々に灯が消えていき、最後まで残ったのがコチラらしい。

ライムをそのままポンと入れてくれたジンリッキーがナイスで、その後にお願いしたギムレットもモナンのライムジュースが優しく、軽やかでした。
ちゃんとしているのと、ざっかけなさとが入り混じったこの居心地、落ち着きました。
動きやすいのでキタでばかり飲んで寝泊まりしているんだけど、ミナミもいいなぁ。
また伺います。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログはほぼ毎日更新1,700記事超(2021年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性