「何歳まではがんばる」などと年齢で区切る必要はない。

よく老若男女問わず……いや特にオジサンから「○歳までは現役」とか、「○歳までは働く」みたいなことを耳にしますよね。
そんなふうに年齢で区切らなくていいんじゃね? と思うんですよ。

がんや認知症など、医学の進歩をもってしてもまだまだ治せない病はありますけど、それでも今が健康長寿時代であることは確か。

だから、「○歳までは」なんて自分で自分の期間を区切る必要なんかないのです。
行動する意思があれば、年齢などにとらわれず、やり続ければいいのです。
下手に区切ったら、その年齢を迎えた途端に脳が「やり遂げた」とバグを起こし、ぽっくり逝ってしまう可能性がありますよ。

その呪縛からどうしても逃れられないのであれば、自分の年齢をちょっと間引いてみたらどうです?
今を生きる人は、年齢を7掛けで考えるくらいでちょうど良いと個人的には思います。

○歳まで「に」何かを成し得るという期限付きの目標設定なら納得ですが、○歳まで「は」となると自分で人生の期限を切ることになりかねず、甚だ時代錯誤。

やりたいだけ、好きなだけ、続けりゃいいじゃん。

この記事を書いた人

hiroki「酒と共感の日々」

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログはほぼ毎日更新1,700記事超(2021年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性