「〜と思う」が濫用されすぎ、と思う。

意見表明するときや、第三者に「これから何かを行う、何かが行われる」言葉を発するとき、「〜と思います」が使われています。
気にしている人はあまりいないんじゃないかな。
些細なこととはいえ、ぼくは気になるんですよね。

番組で料理研究家が「炒飯を作り(たいと思い)ます」
会社で司会者が「入社式を始め(たいと思い)ます」
ユーチューバーが動画で「○○について話し(たいと思い)ます」

万事この調子。
ためしに上のカギカッコ内のパーレン(  )を取って読んでみてください。
どう? スッキリするでしょ。

「思います」使われすぎ問題は、前々から気になっていたんだけど、最近ラジオを聴くようになってわかりました。
DJやアナウンサーなどの喋りのプロは、「思います」のようなムダに尾ひれの付いたトークはしません。
時間どおりに正確に進行するのが絶対であり、聴き取りやすさ、わかりやすさが生命線ですから。
この辺が玄人と素人の違いであり、その差は歴然です。

でも、まぁ仕方ないことなんですよね。
これは推測ですが、「思います」のような言葉が平然と使われている背景には、

断言すると足下をすくわれる

という、いわば外からの攻撃に対する防御があるのですよ。
加えて「思います」とひと呼吸置くことで、

自分にもその場にいる参加者にも、一段クッションを置いているつもり

なわけです。

キョロキョロしつつ距離感を保っているの図、です。

そうそう、『言い方を「思う」から「考える」に変えれば、印象が違う』みたいな言説が、記事だか本だかに書いてあって笑ったわ。
小手先もいいところで、同じだっつーの。

今の不確実な時代に、断言することの難しさが表れたひとコマと言えます。
SNS全盛でたしかに言葉には気をつけなきゃの風潮ですが、なんだか悲しいね。
何かを始める、何かが始まるときくらい、断言したっていいじゃん。

だからといって、のべつ「断言しなきゃダメ」って人もどうかと。
声のデカいこの類の人って信用ならんのよ。
いざ間違いを指摘されると、簡単に前言撤回したり、逆ギレしたり、知らん顔したりするからね。

……って、エラそうに書きましたが、この自分のブログで「思う」「思います」の語句をサイト内検索したら、全記事の4分の1がヒットしてしまいました。
人のフリ見て我フリ直せ、ですなぁ、とほほ。

この記事を書いた人

hiroki「酒と共感の日々」

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログはほぼ毎日更新1,700記事超(2021年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性