鈴本2022年7月上席昼の部・楽日、喬太郎さんの『銭湯の節』など。

鈴本演芸場2022年7月上席・昼の部千秋楽

上野鈴本演芸場2022年7月上席・昼の部は、柳家喬太郎さんの主任芝居。
その楽日(7月10日)に行ってきました。

百夜通い 小きち
偽り家族 やなぎ
マジック 美智・美登
猫と金魚 小平太
楽屋外伝 馬風
漫談 ホームランたにし
桃太郎 桃花
妻の旅行 はん治
漫才 ロケット団
初音の鼓 さん花
仲入り
浮世節 橘之助
田能久 扇辰
豆や 甚語楼
ものまね 小猫
銭湯の節 喬太郎

喬太郎さんは新作の『銭湯の節』。
先日、横浜・関内ホールで初めて聴いたばかりでしたが、2度目ともなるとナチュラルなサゲまでの脚本の巧緻に唸らされるばかり。
鈴本ですので、喬太郎さんの古典を期待していたのですが、新作でも当然アリ。
千秋楽にこの演目を持ってくるあたり、喬太郎さんの自作への愛情と力の入れ具合がわかります。

この日うれしかったのが、ホームランたにしさんの漫談を初めて聴けたこと。
ホームランはもともと漫才コンビでしたが、2021年9月に相方の勘太郎さんが急逝。
ソロ漫談として、たにしさんが再スタートしたのでした。

たにしさんは、この日のだゆきさんの代演。
ピンでもコンビ時代となんら変わらないどころか、むしろトークの熱量が上がっているのでは?
「勘太郎が皆さんに、”よろしく”と」と言って下りていった姿に、ちょっとジーンとしてしまいました。
いつも見ている人がいなくなるって、ほんといやだ。

食いつきで上がった立花家橘之助さんは、名人たちの出囃子を再現してくれるサービス。
八代目桂文楽の「野崎」、五代目柳家小さんの「序の舞」、そして古今亭志ん朝の「老松」。
「老松を」と橘之助さんが言ったときには、客席からどよめきが上がったほどで、これまたうれしいサプライズでした。

この記事を書いた人

hiroki「酒と共感の日々」

hiroki

Webの中の人|ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート|SMWS会員|訪問したBAR国内外合わせて200軒超|会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年)|ひとり歩き|健全な酒活|ブログは不定期更新2,000記事超(2022年11月現在)|ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性