PBOのカクテルコンペ、接客審査で思ったこと。

PBOカクテルコンペの作品

日ごろ世話になっているバーテンダーを応援するため、PBOによるカクテルコンペを観てきました。
初めて観戦させてもらったのですが、創作カクテルの審査よりも、接客能力を競う審査が個人的に最も面白かったんですよね。

この大会は、NPO法人プロフェッショナル・バーテンダーズ機構(PBO)主催による『全国バーテンダーズ・コンペティション2022』(2022年7月31日、会場:東武ホテル レバント東京)で、前回大会から3年半ぶりの開催。
本来は年に一度の開催ですが、コロナ禍により中止になっていました。

今回のプログラムのひとつがPBO最高栄誉の大会で「MVBカップ」。
バーテンダーの知識からクリエイティブ、技術、接客まで総合力を問うものです。
過去にPBOのコンペで受賞歴がなければ応募できず、書類審査を経て今回は5人のファイナリストが選出されました。
事前の筆記試験(酒類全般の問題50問)を経て、事情により欠席者がいたため3人の出場者が創作カクテルをつくります。
それはそれは、どれも華やかで、飲んでみたい衝動に駆られました(実際に審査するのは7人のバーテンダーのため、観客はいただけませんw)。

しかし、最も面白かったのは接客を想定したファイナル審査。
なんと模擬のバーカウンターが壇上に準備され、客(会社の先輩・後輩という役)に扮したプロのバーテンダーの注文に応じて、カクテルをつくるというもの。
それぞれ出場者はひとりで壇上に上がります。
壇上を囲うように、ファイナル審査員である上田和男さん、毛利隆雄さん、佐藤謙一さん、宮内誠さん、草間常明さん、北村聡さんといった重鎮たちが一連の様子をチェックします(怖っ!)。

ここは2軒目で紹介されてきました。美味しいカクテルが飲めると聞きまして――とお客さん役の前フリ。

No.01の出場者には
「ジンベースのカクテルをお願いします」
「私はハンターを」

No.03の出場者には
「ウイスキーベースのカクテルをください」
「コリンズを飲んでみたいです」

No.05の出場者には
「サイドカーをお願いします」
「ロブロイを」

みたいに、出場者ごとに異なる注文。
No.01の出場者はジンベースの要望にギムレットを提案し、「いいですね、お願いします」の返事を経て、作って差し出します。

あとのやり取りは、一定の型があるらしく

  • 注文したカクテルがどんなものか、由来(お酒の知識)
  • バーテンダーとして心がけていること(接客マインド)

などの質問。さらに

  • SDGsとは(一般常識)

を質問する場面が。

なるほどなー、そんなことまで問われるのか、と。

んーー、審査のねらい、趣旨はすごく分かります。
がしかし、個人的には、下世話ですが実際に出くわしそうな場面の応酬を見たかった。

たとえば

  • 酔っぱらった客が大声を出し始めた
  • 客同士が揉め事を起こしそう
  • カップルが痴話ゲンカを始めた
  • ガイジンの観光客が会計の額を見て難癖をつけてきた
  • まったく知識のない若い子が迷い込んできた

とか、そういうやつねw

審査の内容や会話を見るかぎり、ある程度BAR慣れしている客、BAR好きな客を想定しているのだなぁ、と。
そりゃ当たり前なのだろうけど、そういう理想郷だけでなく、間口を広げるためのリアル感があると、より良いのでは。

審査後、「カクテルの提案にもっと幅があっても良かった」というフィードバックには納得だし、いっぽうでショートカクテルを出した際に「グラスの水を一緒に差し出した」出場者を褒めた講評も良かったです。

個人的にBARでも失敗ばかりですが、酔っぱらってもプロの皆さんはいつも優しいし、包容力に助けられています。
そんな素晴らしい面が生かされて、ノンアル含む新しい層へのアピール、門戸開放になれば最高ですね。
来年の開催も楽しみにしています。

PBO2022コンペの会場

PBO「MVBカップ」ファイナル審査

この記事を書いた人

hiroki「酒と共感の日々」

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログはほぼ毎日更新1,700記事超(2021年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性