開拓と巡礼が復活しそう。

このところ、お酒ネタが控えめですみませぬ(公私ともに、いろいろあってね)。
今年に入ってから飲みに行く機会が毎日→2日に1回、3日に1回と減り、そんな中でさらに新規開拓を減らし……。
呑助の風上にも置けない怠慢な生活でした。

たまに出るにしても、おなじみの店しか行かなくなったんだよね。
一見の客が伺って良いものか、と。
結局遠慮して「また今度でいっか」みたいな感じになる。

普段は在宅勤務、夜たまにしか出ないとこうなる。
仕事終わってシャワー浴びて、着替えて、靴を履いて外に出る一連の動作がこんなに億劫になるものなのか。
自分でも驚きました。
いわゆるコロナ禍は、仕事の仕方が劇的に変わったと同時に、我が身の出不精に拍車をかけることになりました。

しかしそれももう、終わりかな。
9月からの新しい仕事はフル出勤に戻る(かもしれない)ので、以前のような行脚ができそう。
落ち着いて飲めるなら、どこでも伺いまっせ。

この記事を書いた人

hiroki「酒と共感の日々」

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログはほぼ毎日更新1,700記事超(2021年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性