ダイソーの老眼鏡を5日間使ってみた。

ダイソーの老眼鏡

右0.6、左1.2で老眼が進む身の使用感としては、なかなか良いです。

以前買った遠近両用がどっちもよく見えず、結局お蔵入りにした苦い経験がありまして。
ノートPCの画面や文庫本を読むのがストレスになってしまい、対策待ったなしの局面で、100均のDAISO(ダイソー)の眼鏡を勧められて買ってみました。

倍率は×1倍です。
かけたとき、多少良く見えるくらいですが、この「多少」の影響は馬鹿にできません。
文字がピンと張って迫ってくる感じ、とでも言いましょうか。

難点は

  • 眼鏡を外した瞬間、視界がボヤけて見えること
  • 目が疲れること

です。

テレカンで共有される細かい文字のパワポ資料が断然読みやすくなる一方で、目への負担感は否めません。
目先の快適や視認性と、疲れはトレードオフですね。

ま、どうしても見づらいときにだけ眼鏡をかけるので、これで十分。
これで足らなくなったら、そのときは潔く眼科の先生に見ていただきますかね。

この記事を書いた人

hiroki「酒と共感の日々」

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログはほぼ毎日更新1,700記事超(2021年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性