フィーバーツリー、成城石井、ウィルキンソンで”利きジンジャーエール”をやってみた。

ラベルを隠したお酒をグラスに注ぎ、その銘柄を当てる、ブラインドテイスティング。
自分の知識と五感が同時に試されるちょっとしたテスト、面白いです。
今回はフィーバーツリー、成城石井、ウィルキンソンでやってみました。
この記事では味のちがいを紹介しますね。

いつもはウイスキーばかりですが、この週末に行ったのは3種類の「ジンジャーエール」。
おなじみのマスターに、体調良ければやってみない?と。
断る理由はありません。やったろうじゃないの。

出題はこの3つ。ぼくはそれぞれ下記のような感想でした。

左:
仁丹のような香りだけど、ショウガの味を最も感じる飲み口

中央:
控えめな香りの中に爽快感。すっきり、レモン水のような自然な甘さ

右端 :
薄い。味も香りもこれといった特徴なし

利きジンジャーエール

正解は左から、成城石井、フィーバーツリー、ウィルキンソン。
ぼくは成城石井は正解だったけど、ウィルキンソンとフィーバーツリーを反対に答えてしまいました。
フィーバーツリーがプレミアムものだと知ってれば……!

フィーバーツリーは200mlの小瓶で1本250円近くもする、プレミアムジンジャーエールです。
バーにはケース単位でしか売らないらしく、やむなく試飲用にマスターが少しだけ購入したそうです。

2005年にロンドンで創業したフィーバーツリー。
当地ではどちらかといえばジンジャーエールよりもジンジャービアーのほうがメジャーのようです。
ためしにそれも飲んでみましたが、これまた野太い感じで美味しかったですよ。

利きジンジャーエール

フィーバーツリー ジンジャーエール

わりとメジャーなウィルキンソンが、驚くほどライトな味に感じてしまうから不思議。
ジンジャーエールやトニックウォーターはともかく、ウイスキーの飲み比べ、普通にやりたいなぁ。
お財布さえ許せば、ですが。

@カドヤ黒門町スタンド

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性