ベンリアック20年、朝から飲みたい心地良さ。

ベンリアック20年

自宅飲みシングルモルト更新。ほとんど煙さを感じさせない、ベンリアックの20年です。心地良さが意外なほどでした。信濃屋銀座店で9,878円(税抜8,980円)。

ベンリアック20y 43%

  • 香り…やや主張あり。はちみつ、洋梨、おしどりミルクケーキ。時間経つとバターたっぷりホットケーキ。
  • 味…甘さ優勢のライトボディ。カップケーキ、メロンパン、カスタードデニッシュ。若干の生姜を伴う、柔らかい余韻が継続。
  • 総評…すぐにバーボン樽とわかる、優しい飲み心地。青空の下、明るいうちから飲みたい。ロックも◎。

個人的にはベンリアックといえば男っぽい、ヘヴィなピート香の無骨なウイスキーという印象です(前に飲んだ「バーニーモス」などは、まさに野郎気質)。が、このベンリアック20年は、打って変わって飲み心地の軽快さが前面に。信濃屋のネットショップによると、案の定1stフィルのバーボン樽が使われているそうで、この緩急自在なラインナップは良いですね。

上記にメモりましたが、開栓して時間が経てば経つほど、おもちゃ箱を漁るようにアロマ&フレーバーが飛び出してきます。バーボン樽系のライトボディなモルトウイスキーが好きな方にお勧めしたいところ。グレンモーレンジあたりと比べてみると、ほんのりとピート香が出ているベンリアックとの飲み比べは、面白そうだなと思いました。個人的にこの1本は、しばらく上機嫌に楽しめそうです。

ベンリアック20年をテイスティング

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性