ジェムソン。アイリッシュの潜在能力は伊達じゃない。

ジェムソン

自宅飲みブレンデッド更新。これからの自宅用はコスパをよりいっそう重視。というわけで、珍しくアイリッシュのジェムソンです。成城石井で1,690円。

ジェムソン

  • 香り…控えめだが、ややクセあり。イチヂクやプルーンのドライフルーツパンツ。紙粘土。加水すると青リンゴ。
  • 味…ライトボディ。ブルーベリーの果実酒、すりおろしリンゴ、胡麻豆腐。後半にチョコウエハース。余韻は短め。
  • 総評…温かみが包み込む、冬向けの酒。と思いきや、加水すると柑橘が顕在化。少し水を加えて◎。

ジェムソンはアイルランドのコーク州にあるミドルトン蒸留所が生みの親。(酔っぱらいの)アイルランド人の象徴パワーズから、プレミアムシングルポットスチルウイスキーのレッドブレストまで、ここで造られてます。

2016年にミドルトンブランドは年間販売量700万ケースを超え、これは世界第6位。アイリッシュではもちろんナンバーワンです。その中で、このジェムソンのノンエイジ。比率なグレーン、モルトの順です。が、アイリッシュならではのシングル・ポットスチルによる3回蒸留ゆえの単純な飲みやすさでは計れない何かを感じます。

酒質が軽くなった引き換えに、没個性というか、面白みも失うこともあり得ると思いますが。そんな単純な図式ではない多様性、複雑なるルーツを垣間見る思いです。

ジェムソンをテイスティング

この記事を書いた人

hiroki「酒と共感の日々」

hiroki

Webの中の人|ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート|SMWS会員|訪問したBAR国内外合わせて200軒超|会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年)|ひとり歩き|健全な酒活|ブログは不定期更新2,000記事超(2022年11月現在)|ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性