ハイランドパーク ヴァルキリー。甘さ一辺倒ではないツンデレ感。

スコットランド最北の蒸溜所ハイランドパーク。その2017年リリース「ヴァイキング レジェンド シリーズ」第1作が、このヴァルキリーです。

ハイランドパーク ヴァルキリー 45.9%

  • 香り…強め。入口はピートと熟したブドウ。ドクダミ茶。マジパン。後半に炭火。加水してシナモンロール。
  • 味…甘めで粉っぽい。後口にややコンソメ。加水するとしょっぱく、時間か経つとべっこう飴に。
  • 総評…ハイランドパーク本来の、奥に秘めたピート感は鳴りを潜め、代わりに甘辛が回遊する。なるだけ時間をかけて飲むほど、多様さを楽しめる。
  • 次に飲むのは?… ヘリヤーズロード ピノ・ノワール フィニッシュ

@カドヤ黒門町スタンド

ハイランドパーク ヴァルキリー

このヴァルキリー、アメリカンオークのシェリーカスクとバーボンカスク原酒をブレンドしたものだそう。言われてみればアロマ・フレーバーとも甘さ強めが気がしますが、ちょっとクセがあるかも。

「ヴァルキリー」とはもともと北欧神話の女神的な存在だそう。たまに見せるしょっぱさは、ツンデレっぽくて面白いです。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / 訪問したBAR国内外合わせて100店超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(現在は休止中) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活実践者 / ブログは原則毎日更新600記事超(2018年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性