「Lose-Win」からの脱却と、顧客満足の最大化。

「殺人的なスケジュール」とか「忙殺される」とか、殺の文字が付くイメージ。最近解放された感があったのですが、また重い荷物を背負うことになりました。

引き継いでみて、ややサービス過剰かなというのが第一印象です、長時間かけて残業してクオリティを上げるという旧来の手法は、どうにもよろしくないですね。時間をかければそれなりの成果物は作れて当然ですから。

重要なのは「顧客がそこに価値を感じているか」です。こちらが忖度して動いたところで、クライアント側が何も感じていなければ、無意味なのです。仮に負荷が大きく、常に強迫観念にさらされるようなクライアントワークは、どんなにお金をもらったところでも「Lose-Win」と思います。

しばらくやってみて、徐々に問題点が浮き彫りになるかと思います。生産性を上げるべく、顧客満足を最大化すべく、手を動かしていきたいと思います。

この記事を書いた人

hiroki「酒と共感の日々」

hiroki

Webの中の人|ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート|SMWS会員|訪問したBAR国内外合わせて200軒超|会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年)|ひとり歩き|健全な酒活|ブログは不定期更新2,000記事超(2022年11月現在)|ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性