テレワークで、座りっぱなし防止のためにしていること。

個人的に受け入れ難かったテレワークですが(今でも出社したい)、自宅での仕事がなじんできています。
まだまだ試行錯誤中ですが。

以前からそうなんですけど、ずっと座って仕事するって苦痛じゃないですか?
駅員さんやデパートの店員さん、美容師さんのような立ち仕事や、ガテン系の肉体労働が楽と言いたいのではなく。
もうね、身体がなまるというか、座り続けることで人間がダメになる印象です。
元からダメ人間だろって? まぁまぁそれは置いといて。

仕事する中で、リサーチすることが日々のルーティーンに組み込まれているわけですが、そういうときはPCやスマホとにらめっこです。
それ以外に、思考するーー考え続ける、考えをまとめる時間ーーがあって、そういうときはPCを前に座ってウンウン唸っても、あんまりアイデアは出てこないんですよね。

最近気づいたんですけど、そういうとき、自宅の部屋内を行ったり来たりウロウロすることがあります。
10秒単位から数分くらいかな。
SlackやLINEが入るので、PCから離れない程度に。
自分で「動物園の動物の常同行動みたいだな」と苦笑することがありますけどね。
たったこれだけのことですが、やらないより全然いい。

「ポモドーロ・テクニック」という集中力維持法がありますが、原理としては通じるものがあるかもしれない。

会社にいればmtgやちょっとした打ち合わせで離席したり、コピーを取ったり。
仕事で取引先等に外出しなくても、動こうと思えば動けます。
が、テレワークではこうは行かない。
ぼくの記録ではテレワークに入ってから丸2日、外へ一歩も出ずに自宅に居続けたことがあります。
さすがに3日目ともなると、耐えきれずに強制的に散歩などしに外出しましたが。

いくら出不精といっても限界がありますね。
今は夜、飲みに行けないから余計ツラいですよ。

というわけで、集中力維持のため、考えをまとめるための「ウロウロ」やってます。
余談ですが、この記事は座らずに立ちっぱなしで書きました。
あぁ、座り心地のいい高品質の椅子よりも、スタンディングデスクがほしい……置く場所ないのに。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログはほぼ毎日更新1,700記事超(2021年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性