深夜帰宅のタクシーで、意外な声かけをされた。

午前1時過ぎ。たまたま乗ったタクシーで、こんなことがありました。60後半から70代と思しき白髪の運転手さん、僕を乗せるなり。

「されるもされないも、お客様のご自由ですが……。安全のためシートベルトを締めてくださいますようお願いします」

と。こう口頭で言われました。「口頭で」ってのがポイントです。決して強制するでもなく、諭すわけでもなく。あくまで淡々と。あまりに意外なことにびっくりしました。

今の東京のタクシー、乗車すると女性の機械的な音声でシートベルトの着用を促されます。東京以外のタクシーもそうなんでしょうか。

音声って、その声質に聞き慣れてしまうと聞き流してしまいません? 駅のアナウンスとか、コンビニの店内放送とか。

タクシーで運転手さんに話しかけられるといったら、普通は世間話の類でしょ。シートベルトについて言われたのは初めてです。

そらぁ直に言われたら、素直に聞きますよね(言われなくてもシートベルトはしなきゃいけません)。慌てていそいそとカチャリ。

タクシードライバー歴が長いのか、それとも転職組で案外二種免許を取得したばかりか。

分かるはずもありませんが、あの白髪の運転手さん、なんともいえない説得力がありました。

車という密室で、どこの馬の骨ともわからない客に口頭で伝えるって、勇気が要りますよね。タチの悪い客だったら、下手すると暴言・暴力沙汰です。

僕は普段タクシーはあんまり使いませんが、こういう見事な運転手さんもいらっしゃるんですね。

そういえば。徒歩でがんばって帰宅するつもりで外堀通りを歩いてたら、スーッと横づけされ、つられるように乗ってしまった。

よくあるイヤラシイ乗せ方じゃないよ、ほんとうに自然な横づけだったんです。

うん、やっぱあの運転手さん、只者ではない。会社近くから自宅までの約5分、不思議な体験でした。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / 訪問したBAR国内外合わせて100店超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(現在は休止中) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活実践者 / ブログは原則毎日更新600記事超(2018年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性