ちょっとした正念場。

またまた本業のほうでやらねばならぬことが多くなってしまい、辟易しています。

ユニークなことに、本来やるべきことではなく、「お膳立て」のための資料作成やら事務作業でも時間を食われ、本来もっとエネルギーを注ぐべきこところに注力できなくなってしまう。

そんななか、わずかでも、自分の時間を確保することは大事。や、これは優等生的、オブラートに包んだ発言だな。

本音を言えば、仕事なんか、してちゃいかんのです。

余裕がないから、自分にとって大事なことができない。本来やるべきことに手が付けられない。考える時間がもてない。

ないないづくしで、クリエイティブも長期的視野も拓けるはずがありません。

邪魔者や邪魔な要素は多いけど、大事なことを見つける、大事なことに臨む前段階と思って、踏ん張りますよん。

はー、飲みたい。

この記事を書いた人

hiroki「酒と共感の日々」

hiroki

Webの中の人|ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート|SMWS会員|訪問したBAR国内外合わせて200軒超|会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年)|ひとり歩き|健全な酒活|ブログは不定期更新2,000記事超(2022年11月現在)|ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性