何かを始めるとき、したいこと。

季節の変わり目の衣替え、職場での席替え。どちらも、どうということはないのですが……これを機に、ついつい、してしまいがちなことがあります。

モノの整理です。

前者の衣替えでは、クロゼットやローチェストなどに詰め込まれた衣類を、春夏ものと秋冬もので前後を入れ替える。後者の席替えでは机上や机下のかさばる荷物の整理ですね。

そう、あくまで「整理」どまり。なかなか「廃棄」には至らない。それでもまだ、職場のものは「振り返りで必要になるかも」という心配はあれど、比較的ためらいなく捨てられるほう。一方で自分の意思で入手したモノ(=自宅にあるモノ)はスパッと捨てるのが難しい。すが、モノを愛する(モノに執着する?)性格ゆえですな。

前にも書きましたが、1品買ったら1品捨てる。この辺りが肝要です。まぁそうはいっても、愛着ゆえ廃棄が難しい場合もあります。

それでも、「おそうじ」はできますよね?

実はこの掃除がけっこう気持ちいい。「ちょっとだけ」のつもりが、やり始めると止まらなくなり、一心不乱に掃除機をかけたり、ゴシゴシみがいたりなんかしちゃいます。

衣替えや席替えなんてのは、格好のきっかけ。おそうじをしていると、その一瞬だけアタマを空っぽにできます。職場のデスク周りや自室の床なんぞに掃除機をかけ、ゴシゴシする。どんなに忙しくとも、これをやると良い気分転換になり、かえって仕事がはかどります。

他にもアタマを空っぽにできるもの。たとえば、ドライブや料理、運動がそうでしょう。運動の場合、激しいほうがいい。ジョギングは走りながらいろいろ考えてしまって、リフレッシュにうってつけとは一概に言えません。

何かを始める前に、ライフイベントの前に。その大小問わず、「おそうじ」をタスクに入れて実行してみると、それだけで気分上がります。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / 訪問したBAR国内外合わせて100店超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(現在は休止中) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活実践者 / ブログは原則毎日更新600記事超(2018年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性