落語会で披露された演目をブログで書くことについて。

噺家が寄席や落語会でかけたその日の演目・演題をSNSに載せる件について、賛否両論あるというネットの記事を読み、考えさせられました。

このブログを読んでくださっている方はご存知でしょうが、ぼくも寄席やホール落語会、独演会に足を運んだ際、噺家とその演目についてはテキストに起こしています。ホール落語で終演後ロビーに演目が張り出されたら、iPhoneで写真にも撮り、このブログでUPしてます。

なぜ、そんなことをするのか?

ぼくの場合、単純に「メモ書き、覚え書き」のため。「ブログネタ」のため。理由はこの2点です。さしたる意味はないんです。SNSでもツイッターでたまに触れる程度で、要は記録(ログ)を残すことが目的です。

「そういえば去年の正月の鈴本はどうだったっけ?」というように、後で自分が振り返るときに、役立つんですね。

「じゃ、てめえのナイショの日記でやればいいだろ」と言われそう。たしかにそれでもOKなのですが、せっかくだから公の場(ネットの海)に泳がせたいと思ってしまうんです。誰かの参考になればという一縷の思いが半分、あとの半分は自己満足です。

賛否両論あるのはわかります。ネタバレなんじゃないかとか、かえって興をそぐとか。

たしか春風亭一之輔さんも、独演会のまくらで「なんであれ(張り出される演目)、みんなスマホで撮るんですか? 何をやったかなんてのは観終わった瞬間、忘れて帰ってほしいんですよ」というようなことを、話したことがありました。

んんー、噺家さんから見ればそうですよねぇ。こうした行為は、野暮であり無粋なのかもしれない。

作詞家・松本隆さんは、歌詞を思いついたときでもメモることはしないそう。

詞のかけらを思いつくと、メモはせず、心の中で熟成させる。メモしないと忘れることは、忘れてしまった方がいい。

(朝日新聞2017年4月10日付夕刊文化面コラム)

とまで言い切っています。

「ほんとうの言葉」を紡ぐ力のある人は、こういうことが言えるんですよね。この境地に達するのは、松本隆さんはじめ、一流の小説家とか書き手のみなんだろうな。

落語の演目から、記憶について、文としてカタチにすることについて。考えさせられました。単なる鑑賞者でしかないのですが、それでも伝わるように伝えることについては、どうしていけばいいのか。書きながらあがいていくつもりです。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / 訪問したBAR国内外合わせて100店超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(現在は休止中) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活実践者 / ブログは原則毎日更新600記事超(2018年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性