花組トップ・明日海りおさんも退団。

花組トップスター、明日海りおさんが2019年11月の東京公演千秋楽で退団するそうですね。星組トップスターだった柚希礼音さんの6年を超える在任期間になるかと思いましたが、5年6カ月ですか……。このタイミングでの発表はかなり意外でした。

なにしろ星組・紅ゆずるさんの退団発表の衝撃も冷めやらぬなかで、ほとんど間を置くことなく明日海さんですから。世代交代が本格的に始まったということなのでしょうか。

明日海さんがトップスターとなって最初に観たのが、まさにお披露目となる『エリザベート』(2014年)でしたか。たしかムラの、しかもSS席に近い前のほうで観て、あまりの美貌に「これはファン以外も惚れるだろう」と唸ってしまったのを覚えてます。わずかに明菜の顔立ちを思い起こさせるものもありました。

以降、飛び飛びでしか観ていませんが、直近では『ポーの一族』(2018年)でしょうか(チケットが取れず、DVDで観ました)。原作そっくりのエドガーで、アラン役の柚香光さんとも異常なほどマッチしていました。見事なまでの寄せ方、演出の小池修一郎先生も待った甲斐があったというものでしょう。

ただ、この『ポーの一族』のころすでにそうでしたが、明日海さんはトップスターになって非常に痩せてしまったように見えます。倒れやしないかと心配したくらいで……。

過酷なまでに忙しく、かつ組子たちを引っ張っていかねばならない。大階段で背負う羽根の重み以上のプレッシャー。トップスターになるとは、言い尽くせないものがあるでしょう。

それと明日海さんといえば、トップスター就任以前、組替え前の月組時代の『アルジェの男』(2011年)という印象があるんですよね。このハードボイルド作をぼくは大好きで、突き放したようなドライな終わり方と、明日海さんのケリの付け方の演技にも衝撃を受けたものです。

いつもながら、とりとめのない書き方になりましたが、今年はいろいろ動きがありますね、宝塚。今年は個人的にもいろいろ気ぜわしいので、ビッグニュースはもうこの辺にしておいてほしいです。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

紙もウェブもやる編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて100軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活 / ブログは原則毎日更新750記事超(2019年2月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性