礼真琴さん、星組トップスター就任おめでとう。

ついにこの日が来てしまいました。今日はこのニュースに触れないわけにはいかない。宝塚歌劇星組・礼真琴さんのトップスター就任が発表されました。

皆さん満場一致で大喜びなんでしょうね。ぼくはこの一報を知り、「やったー!」ではなく、「さびしいな」という感想なんです。やっぱり。

別にお祝いしたくないわけではないんです。もうね、わかってましたよ、遅かれ早かれこうなることは。フランツが迎えに来るのを読んでいたエリザベートの心境ですよ。「予感がしました」ってね。

よくいわれる「歌よしダンスよし演技よし」ですが、そんな枕詞で括れないほどの、本格派、本物ですよね。

ほんとうにすごい人や作品って、見た瞬間は分からないんです。最初は何かこう、気になる、引っかかる感じ。で、後からじわじわと、出会いの余韻が長くいつまでも続き、「すげえな」と振り返って嘆息する。

そういう人や作品に遭遇したときのうれしさったら……ねえ。そして、礼さんは紛れもなくその一人。

ただ、ずいぶん前から礼さんを見てきた身としては、「どこまで遠くに行ってしまうんだ」という思いもあり、まぁ胸中は複雑なんです。それが「さびしいな」と表れているのかもね(自分でもよく分からない)。

見るたびに大きくなっている礼さんですが、直近2019年2月の東京公演『ESTRELLAS(エストレージャス)~星たち~』で、それをひしひしと感じる場面がありました。

とりわけスターたちが曲を歌い継いでいく冒頭、彼女がセンター奥から登場するところ。「おいおい、トドロキさんかよ」と思わしめる堂々としたもので、歌もダンスも今風にいえばキレッキレ。抜きん出ている、もはや右に出る者なしといったところ。なんなんだ、この大物感は。

あまたのファンの皆さんに怒られそうですが。ぼくはね、今もう礼さんの退団後に思いを馳せています。

わかりますよね? 礼さんは鏡の間が似合うと思うんですよ。そこに立ってほしいんです。ってか、立つでしょう、ええ。その知らせを聞いたら、お言葉うれしく伺いましたって、なるんだろうなぁ(遠い目)。

お戯れはさておき。この次は『アルジェの男』ですね(これがまた好きな演目なのよ)。5月の仙台公演が楽しみです。チケット、取れてるかな……。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて100軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新750記事超(2019年2月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性