ウイスキーのストレート至上主義にモノ申す、痛快テキスト。

「ウイスキーマガジン・ジャパン」の編集長で、ウイスキーライターとして高名のデイヴ・ブルームさんの『ウイスキーバイブル 本当のたのしみ方を知りたくなったら、この本からはじめよう』(日本文芸社)を読了しました。いやはや、これはウイスキー愛好家必読の書です。ご同輩にぜひ一読を勧めます。

本の表紙にもあるように、これはウイスキーファンのみならず、これからウイスキーを楽しみたい人に向けての「マニュアル」と著者が位置づけています。といっても、いわゆる専門書や手引書の類ではありませんのでご安心を。

何が面白いか。

デイヴさんは、102種類ものウイスキー(スコッチのブレンデッド、スコッチのシングルモルト、アイリッシュ、アメリカン、カナディアン、日本&台湾の中からセレクト)を6通りの飲み方でためして、5点満点で「評価」したのです。

6通りってなんだと思います? ロックかな、水割りかな? トゥワイスアップ? それともミスト? いえいえ、これがビックリ。

ストレートでのテイスティングに始まり、

ソーダ水、ジンジャー・エール、コーラ、緑茶、ココナッツ・ウォーター。これが6通りです。コーラまでは理解できますが、緑茶、ココナッツ・ウォーターはもはや蛮勇を振るう域では? フツー、それで割らんでしょう。

割り材(銘柄を固定)とウイスキーの比率は2×1で、氷を入れるのが条件。

本は1Pにつき1本(1銘柄)でスペースを割き、ウイスキーのテイスティングノートと解説を経て、これらの割材でミキシングした所感が記されています。

5点満点と言いましたが、最強の組み合わせには「5★」を、反対に全く向かないという組み合わせには「×」を付与。けっこうガチです。

が、意外や意外、緑茶やココナッツ・ウォーターで「5★」をゲットする銘柄が、ごくわずかにあったんです。そのウイスキーは? 読んでみてください。日本人におなじみな銘柄もありました。

好感が持てるのは、これらの壮大な実験を、飲み手の手の届く、つまり酒屋さんで買えるウイスキーで試していること(日本ではあまりメジャーではないウイスキーもありますが)。プレミアムな銘柄や値の張るヴィンテージものではテストしていません。

裏側には、これが飲み手の間口を狭くしているという、著者の痛烈な批判精神があります。ウイスキーは「ストレートで飲まねばならない」という迷信というか、愛好家の間でのアンリトゥン・ルールを全否定。

一部の愛好家だけでなく、誰もが「とにかく楽しく飲む」ことを前提として書かれている本です。だから「周りの酒飲みとちょっと違う、ウイスキーにちょっと興味のある若い人」にはもってこいの本です。はい、前述のご同輩だけでなく、20代に読んでほしい。

ついついストレートで。そんなふうに思ってしまい、実際テイスティングしていますが。こういう飲み方があったのだと、目からうろこでした。しばらく枕元に置いて愛読します。

「ウイスキーバイブル」

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

紙もウェブもやる編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて100軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活 / ブログは原則毎日更新750記事超(2019年2月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性