アードベッグファンを小躍りさせる神戸のBAR。

アードベッグハイボールバー

今回の神戸行きで立ち寄ったBARは2軒。このうち1軒は、同じ神戸にあるホテルのBARで、そのバーテンダーが紹介してくれた店でした。その名も「アードベッグハイボールバー」です。前回訪問時はかなわず、今回ようやく伺うことができました。

オープンは2015年5月30日。この日はアードベッグ誕生からちょうど200年。その日に「ARDBEG HIGTBALL BAR」をオープンしたそう。オーナーさんのアードベッグ愛が高じ、ついに自分の店を出してしまったもの。住所は北野坂で、歓楽街のビルの2階の奥にひっそりとあります。

扉を開けてみると意外に開放的で明るめな店内。テーブル席ではすでに女子2人が料理をつつきながら、おしゃべりに興じています。店名にハイボールと付いていますが、飲み方はもちろん自由で強制されることもありません。が、せっかくなので、アードベッグTENをハイボールでいただきました。

アードベッグハイボールバーでアードベッグTENハイボール

まぁまぁ、普段アードベッグを(というかシングルモルトを)ソーダ割りで飲むことなどありませんから、新鮮でしたね。この時期飲むには最高の爽快感であり、かつアードベッグのスモークな味わいが生きてる美味しさでした。

メニューを見せていただき、飲みながら研究。アードベッグの定番品、年代物、リミテッドなどが多数。ここはショットはもちろん、驚くなかれ、リミテッドの一部もボトルキープできちゃう。モノによっては相当な額になりますが、キープしてみんなで楽しむってのは良いですね。

2杯目は、うわさの新定番「アードベッグ トリー・バン19年」をショットで。まぁ飲みやすくソフト。デリケートな燻煙香が口中に広がります。これもっといただきたいと思いつつ、時間切れで最後にデザートを。「ジェラートとアードベッグ」です。これはアードベッグで味付けしたジェラート。これは女子向け、とってもユニーク。

お店はアードベッグに合う料理が充実していて、お腹を空かせて行こうものなら長っ尻になりそうです。次回はじっくり。それにしてもボトルキープには羨望……。

アードベッグハイボールバーでアードベッグ  トリー・バン19年

アードベッグハイボールバーでジェラート

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて100軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新750記事超(2019年2月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性