カクテルが飲みたくなる映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』。

クエンティン・タランティーノ監督の通算9作目『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』を観てきました(ここでネタバレはしません)。けれんや過剰な世界観といったタランティーノ節は鳴りを潜め、、1969年前後のハリウッドを舞台に、ピークを過ぎた俳優リック(レオナルド・ディカプリオ)と専属スタントマンのクリフ(ブラッド・ピット)との友情を中心とした物語が淡々と描かれます。

華やかなりしハリウッド全盛期やヒッピー文化を背景に、スティーブ・マックイーン、ブルース・リーなど実在した俳優も登場します。主人公リックの屋敷の隣人に越してくるのは『ローズマリーの赤ちゃん』などを手がけた映画監督ロマン・ポランスキーと、その妻で女優のシャロン・テート(マーゴット・ロビー)。

1969年8月9日、妊娠中だったシャロン・テートは自宅に押し入ってきたカルトグループ(マンソン・ファミリー)の信者によって殺されてしまいます。映画はまさにこの日の出来事も描いていて、事件に知識がある人なら暗澹たる気持ちになると思います。さて、映画では……まぁ見てみてください。

それにしても、まぁみんなタバコも酒もみんなバンバン口にします。リックは超ヘビースモーカーで、しょっちゅう「オエッ」となるような咳までしてる。

タバコに負けないくらい出てくるのが酒。特にカクテルです。冒頭で2人が飲んでいるカクテルは、リックがミントジュレップ風、クリフがセロリの刺さったブラッディメアリー(飛行機の中でも飲むシーンが)。後半、泥酔して帰宅後にリック自らミキサーを回してマルガリータを作ります。

リックはしこたま飲む男ととして描かれていて、演技の肝心の場面でセリフを忘れてしまい、トレーラーに戻った後「このアル中野郎!」と鏡に向かって自らを罵ります。可笑しくも切ない(不安や恐れからアルコールに頼らざるを得ない落ち目俳優の心理)んですよね。

しかし、最もシビれたのは、映画プロデューサー役のアル・パチーノが、ウェイターにコニャックをオーダーする場面。

「ヘネシーXO、ロックで」

どうということないセリフなんですが、パチーノが言うだけで最高にカッコイイ。

米国の60年代カルチャーを、お酒という嗜好品の側面からも楽しめる映画です。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて100軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新750記事超(2019年2月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性