BARで初対面のお客さんに話しかけられたら?

都内のBARでひとり飲むことが多いのですが、3回に1回くらいの割合で話しかけられます。バーテンダーに、ではないですよ。同じカウンターで飲んでる初対面の他のお客さんから、です。

BARで他のお客さんに自分から話しかけることは100%ないですが、反対に、自分が話しかけられたら喜んで応じます。

ごくたまーに、バーテンダーと他の客との会話に割って入る人を見かけますが、すごい勇気だなと思います。個人的にはNG。会話を横取りしかねませんから。オッケーなのは、バーテンダーが取り持ってくれた場合のみです。

ぼくの場合、たまたま話しかけてきた人の気が良いのか、ぼくがよほど寂しげに見えるのか、はたまた話しかけ易いのか、正直よく分かりません。

話しかけられたら、たいていは相手の話をお聴きします。自分も酔っぱらってるのですが、相手はさらに酔っぱらってることが多い。初対面でしかもBARで話しかけるくらいですからね。話の脈絡や時系列、事実関係ですら覚束ない。

昔は話しかけられるのが嫌でしたけど、今はそれほど抵抗なくなりました。そこから交流が広がる可能性はあるし、そうでなくても一期一会を楽しめば良いのでは、と。

以前、渋谷のBARでお会いした隣の人に話しかけられたのは強い記憶に残ってます。この方は、初訪問のぼくに対し「このバーがいかに素晴らしいか」を語ってくれたんですね。

それも押しつけがましさが一切なく。自分もうれしいし、何より向かいで聴いてるマスターも鼻が高いでしょう。ひじょうに楽しく、コミュニケーションスキルの高さに感銘を受け、去り際にぼくのほうから名刺を差し出しました。

こういうことが、奇跡のようにあるから面白い。客同士の会話って共通項を見つけるのは難しい。初対面なら、なおのこと。

ぼく個人は自分自身を「人嫌いの寂しがり屋」と、コミュニケーションのタチの悪さを認識しているのですが。ゆえに話しかけられたら、相手の話に耳を傾ける、今いる場所や相手のよいとを話すことを心がけているつもりです。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて100軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新750記事超(2019年2月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性