自分のブログに広告を貼らない理由。

毎日iPhoneのGoogleアプリを使っています。検索だけでなく、ニュースを読む手近な入口として、スキマ時間についつい。今起こっているニュースを真っ先に読む媒体として、GoogleはYahoo!ニュースと同じくらい(あるいはそれ以上に)触れています。Googleのフィード、以前も書いたのですが、ユーザーである自分が関心があると思しき記事を、Google側が自動的にピックアップしてくれるわけです、頼んでもいないのに。

おそらくは検索履歴や閲覧したサイト、位置情報などの情報をもとにしているのでしょう。ただ、そのGoogleのフィードだけでは極端に視野が狭くなる恐れがあり、マスコミ発の幅広い情報には、自分がどう思うかにかかわらず意識的に触れるようにしています。もちろん設定は非表示にも変更できるのですが、今のところ面白いのでそのままに選ばれた情報も享受しています。

最近ほぼ毎日、このGoogleが選んだ情報を、さらに自分で選別することをしています。どういうことか。下の写真のように、アプリ画面の各記事の下にある「︙」=縦3点リーダーを押すと、記事ごとに・トピックごとに・媒体ごとに、気に入らないニュースを表示させないように設定できるんですよね。あ、写真は画面の一例です(麦芽に関心あります)。

最近、もっぱらこれを活用中なのです。不快なニュースとか嫌いな人物とか、全部「〜を表示しない」「〜に関心がない」ボタンを押し、学習してもらいます。上述で「マスコミの情報に触れるようにしている」との舌の根も乾かぬうちに、ですが……。スマホのような狭い画面では、一覧性のあるデバイスと異なり、逃げ場がありませんから。

この作業は、ときに『ドラえもん』に出てくる「どくさいスイッチ」を彷彿させます。取捨選択していく快感、まぁ自分が使う機器やSNSは、それでも良いのかなと思っています。あまりに不快に感じることが多すぎるので、自分の内面を守るために。

ところで。こちらの関心の有無にかかわらず、傾向を追いかけてくるYDN=Yahoo!のディスプレイ広告は大の苦手で、いちいち更新ボタンを押して変えることが多数。この自分のブログでなぜ広告を入れないかというと、その広告を自分でコントロール(選定)できないから。それが単純に嫌なのです。せっかくブログに来てくれた人に、少しでも本意でない広告を表示させたくない(もちろん関心の高い、好ましい広告を表示させることもあるでしょうけど)。

この方針は今後も変わらないつもりです。ま、カネにもならないことを物好きに続けてますが、仕方ない、オールドな気質の人間なんですから。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性