ホテルケーニヒスクローネ神戸の、ファンシーな世界。

ホテルケーニヒスクローネ神戸の1階

神戸は国際的な観光都市でもありながら、個性的なホテルって思い浮かばないんですよね。パッと出てくるのは北野ホテルと、ホテルケーニヒスクローネ神戸くらい。というわけで、先日神戸を訪ねた際、後者ケーニヒスクローネの宿を1泊2日で体験してきました。過剰なほどのファンシーな雰囲気が楽しいホテルです。

「ケーニヒスクローネ」は1977年創業、兵庫県神戸市中央区に本社のある洋菓子・パンメーカーです。神戸、大阪を中心として、関西に多数店舗を展開しています。東京や神奈川など関東の人にはデパ地下に入るスイーツ菓子の店、という印象でしょうか。

なにしろお菓子屋さんがホテル事業を行っているのが意外。以前、旧居留地を散歩中に、一際目を引くワインレッドカラーのヨーロピアンな建物を目にして以来、一度泊まってみたかったんですよね。

あのクマちゃんのキャラ(「くまポチ」って名です、知ってました?)のオブジェを横目にチェックイン。一部屋一部屋ルーム名が付けられていて、充てがわれた部屋は「コバルト」と名付けられた913号室。中はこんな感じ(下写真)。

ホテルケーニヒスクローネ神戸の部屋

ホテルケーニヒスクローネ神戸の備品

<img class="alignnone size-large wp-image-9356" src="https://hirokism.jp/wp-content/uploads/2020/03/2020-03-20-ホテルケーニヒスクローネ神戸の部屋備え付けのコーヒーメーカー

ホテルケーニヒスクローネ神戸のグッズ案内

ホテルケーニヒスクローネ神戸の部屋のスリッパ

はい、説明必要ですね。ベットカバーからクッション、スリッパ、ティッシュケースに到るまで、くまポチ一色。かわゆさの誘惑に負ける人が多いのか、「もしホテル備品を持ち出したら、請求しますよ」という旨の注意書きが机に添えられていました。くまポチグッズは1階フロントで販売しているので、ほしいのであれば、きちんと買いましょう。

部屋だけでなく、宿泊フロアの通路も世界観が徹底してます。

ホテルケーニヒスクローネ神戸の宿泊フロア通路

ホテルケーニヒスクローネ神戸の宿泊フロアのエレベーターホール

ホテルケーニヒスクローネ神戸の調度品

それにしても。こういうおとぎ話、メルヘンな世界が好きな女子やお子さんには、たまらんでしょうね。ここまで押し出されたら、誰も「カワイイ」を否定できまい。実際、女子会の需要を見込んでか、エレベーターに「女子会プラン」の案内も貼ってありました。

ホテルケーニヒスクローネ神戸の朝食

朝食会場はホテル1階のショップ&カフェ「くまポチ邸」で。ウイルス騒動の只中ですが、意外にもお客さんはけっこういて、席の大半はカップルや家族づれで埋まっていました。よきかな良哉。

2020年3月20日〜同月22日の週末を利用し、神戸・京都・大阪に遊びに行ってきました。お目当ての宝塚花組公演が中止になってガッカリしてたのですが、その分は飲みだ俺、くいだおれ寸前という塩梅で代替。結果、予定通り足を運んで正解でした。本項含め、しばらく関西旅行関連の記事を更新しますので、よかったらお付き合いください。

ホテルケーニヒスクローネ神戸の913号室

ホテルケーニヒスクローネ神戸の外観

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性