自転車乗りに教育が必要だ。

自転車ナビマーク

かねてですが、自転車に乗る人のマナーが悪くなっていると感じます。
ぼくは東京で暮らしているので、道路には歩行者も自転車も多いです。
外出控えが続いていましたが、最近は街中に人出が戻りつつあって余計にね。

こんにちは、hitokiです。
いきなり結論ですが、今日は「自転車ではマナー、モラル、リテラシーを高めなさい」という話を少し。
で、ママさんだろうとレーサーだろうと、すべての自転車乗りは以下をちゃんと守ろうね。

歩道を使うな

電動であれMTBであれ、ぼくの住んでいる近辺もペダルを漕いでいる人がまぁ多いんです。
そのすべてではないけど、歩道を使う人がいるんですよ。
冒頭写真のような、車道の自転車ナビマークが目立っているにもかかわらずね、

「自転車通行可」の道路標識や、自転車の通行指定区分があるような広い歩道でないかぎり、原則的に自転車は歩道を使えませんぜ。
まぁ東京は車の通行量も路駐も多いから、車道を避けたい気持ちはわからんでもない。
でもね、なら少しは遠慮がちに乗ったらどうよ。
こっちだって安全には気をつけてますけどね、なんでチャリのオマエたちのために、俺がよけなきゃいかんの?
自転車乗りのあなたが、歩行者以上に気を遣うのが当たり前の話です。

チリチリ鳴らすな

老若男女問わず「歩行者が邪魔」とばかりに、ベル(警音器)をチリンチリン鳴らすバカがいるんですよね。
ベルの使い方わかってないね。

道路では「歩行者優先の原則」が当たり前で、日本ではこれが公共の道路規律の重要なひとつです。
ベルは「危険を防止するためやむを得ないとき」にしか基本は使用できません。
自転車は道交法ではれっきとした「車両」扱いなのに、これをわかっていない。
自転車が前を歩く歩行者に対しベルを鳴らす行為は、自動車の煽り運転と同じくらい悪質ですぜ。

逆走するな

車道を使用する自転車がすべて正しいかというと、残念ながらそうでもない。
日本は左側通行ですが、この流れに逆らって漕いでいくチャリを見かけます。
自転車は右側通行は道交法の「通行禁止違反」ですが、これを守らない人もよく見かけます。

ひどいもので、チャリで移動する制服警官が、これやってるケースもあります。
まったく情けない話で、しょせんこの程度なのかもね。

苦言ばかりの「べからず集」で、失礼しました。
でもね、以上に挙げたようなことを自転車乗りのあなたができれば、あなたも歩行者も道路を気持ち良く使えるのですよ。
自転車が歩行者を巻き込むような痛ましい事故だって減りますよ、間違いなく。

っていうかさ、これらは最低限のマナーだと思いますよ。
できない人が多いとか、死亡や重傷につながる深刻な事故が続くとかであれば、自転車も免許制にするしかないんじゃないですか。
教習所のように、更新のたびに講習を受けさせるとかね。

UberEATS(ウーバーイーツ)のライダーさんは人によりますが、残念ながらひどい人が目立ちますな。
責任逃れのシステムを助長する気はないので、ぼくはこのサービスを使わないし、サービスとも思いません。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性