スペイバーン ブラダンオラック、懐も味も優しい。

自宅飲みシングルモルト更新。
今回はスペイサイドモルト、スペイバーンのノンエイジ「ブラダンオラック」です。
近所の「酒のソクハイ」で購入し、700mlボトルお値段3,058円(税抜2,780円)。

こんにちは、hirokiです。
今日はスペイバーンの変奏「ブラダンオラック」のテイスティングメモを少し。

スペイバーン ブラダンオラック 40%

  • 香り…柑橘の爽やかさ。青リンゴ、アップルパイ、加水するとマーマレード、後半に石鹸。
  • 味…ライトボディ。カスタードクリーム、生姜。加水するとレモンクリームコロネ。
  • 総評…味はバニラやカスタード、香りは柑橘類。その日のスターターウイスキーとしても。

88点

これは良いですよ。
まず価格が懐に優しいうえに、クセがないからいつでもどんなシーンでも飲める、庶民の心強い味方です。

「ブラダンオラック」とはゲール語で「ゴールデンサーモン」を指し、サーモンの遡上でも有名なスペイ川に由来するそうな。
当初免税店向けだったそうですが、スペイバーンというシングルモルトブランド自体、北米ほかのトラベルリテールに力を入れているようで。
ひじょうに軽く、飲みやすいので、どの国のどんなタイプの呑助にも支持されやすいことは想像に難くありません。

もしも、全く初めてシングルモルトウイスキーを飲むという人に「おすすめは何か?」と問われれば、ぼくはスペイバーンを勧めます。
相手がちょっとでもウイスキーを齧っていたら別ですが……。
このスペイバーンは目立たないのですが、老若男女問わずあらゆる人に受け入れられるのでは?と思うのです。

このブログを始めたばかりのとき、まさにスペイバーンを記事ネタにしていました。

自宅飲みでも(あまりBARでは見かけませんが)外飲みでも、あらゆるシチュエーションに応えてくれる”カジュアルモルト”だと思います。

スペイバーン ブラダンオラックをテイスティング

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性