ミルトンダフ11年、シュークリームのような。

ハートブラザーズ ミルトンダフ11年

ブレンデッドスコッチ世界第2位の販売数を誇る、おなじみバランタイン。
そのキーモルトとしてペルノリカール社が押している銘柄のが、グレントファース、グレンバーギ、そしてミルトンダフです。
少し前のミルトンダフに遭遇しましたので、そのことについて少し。

ハートブラザーズ ミルトンダフ11y 2005 シェリー樽 52.5%

  • 香り…冷蔵庫に長く入れたシュークリーム、ミルクチョコレート、ウスターソース。
  • 味…ひたすらシロップのような甘さとクリーム感。
  • 総評…食後にシュークリームを口にしているかのようにフワフワしたモルト。

86点

@T.O

ハートブラザーズ ミルトンダフ11年をテイスティング

現在オフィシャルのミルトンダフは、バランタインの原酒としてペルノリカールが前面に押し出していて「15年」がリリースされていますね。

上写真のミルトンダフはインデペンデントボトラーのハートブラザーズ社によるリコメンドで、2000年代後半に流通したもの。
シェリー樽熟成のカスクストレングスです。
フワッとしたクリームが顔を出してきて、思わずバーボン樽かと勘違いしてしまいました。
開けたてのときはそれなりにヘヴィだったのでしょうけど、空気に触れて多少おとなしくなったのでは?

「穏やかで甘いシングルモルトを」とリクエストし、いただいたのがこちらです。
こういうのが疲れなくて、いいですね。
すてきなモルトでした。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性